ヨドバシ『ワイヤレスゲートWi-Fi + WiMAX 2+』5万円還元のカラクリ

ヨドバシ ワイヤレスゲート Wi-Fi+WiMAX2

WiMAXはネット上での申し込みだけでなくヨドバシをはじめとする家電量販店でも独自のWiMAXが提供されています。
ヨドバシカメラでWiMAX申込むとパソコンやタブレットが5万円引きになるという説明を受けた方…ちょっと待ってください!一度こちらで契約プランの落とし穴確認をぜひ。

ネットでの申込みは慣れていないから対面型の店舗の方が安心…といった方もいるかもしれませんが、料金を見ると非常に高額になりトクするどころか逆に損してしまう可能性があります…

こちらではヨドバシカメラのワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX 2+について、契約前に必ず知っておくべき注意点とその代替案をまとめました!

ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX 2+について

ヨドバシが提供するこのWiMAXサービスは、
WiMAXとWi-Fi(公衆無線LAN)がセットになっています。
このワイヤレスゲートWi-Fi自体は単体契約すると月額537円と高めの料金設定。
そのためセットで〜となるとおトクに感じてしまいます…

また、ヨドバシカメラ実店舗では5万円分還元という、ぱっと見ではとてもおトクなキャンペーンが展開されています。

しかし…この契約は避けるべきです!
通常のWiMAXの料金体系を知っている人からすると全くおトク感がないどころか毎月の負担額が増えてしまう内容となっています。そのカラクリについて下記をご確認下さい。

ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX 2+の落とし穴

50,000円還元には別途指定プランが必須

まず、50,000円分還元というのはヨドバシでのみ利用可能な割引のことです。
現金ではないため、特にPCやタブレットなど高額商品を今は必要としていない人にはあっても不要な割引…

そして一番注意すべきなのが、通常の月額料金だけでなくまとめてプランL8(月額1,670円)への加入が必須であるということ。
単純計算、月1,670円×24ヶ月=40,080円。これにより50,000円還元されたとしても通常の料金プランよりも2年間で40,080円も高くなります
50,000円から40,080円引くと…実質還元額は9,920円まで大幅ダウン!一気におトク感が減りましたね。

さらにお伝えすると万が一2年以内の解約してしまうと、まとめてプラン残債を支払う必要があります。1,670円×(24回-利用月数)。
もちろん、WiMAXサービス自体の解約金も別途発生し最大約2万円。せっかくの5万円還元も解約したらパア…

新端末1円というのは別に安くない

Speed Wi-Fi NEXT W03

Speed Wi-Fi NEXT W03

Speed Wi-Fi NEXT WX02

Speed Wi-Fi NEXT WX02

また、WiMAX 2+端末がどれでも1円と大きく宣伝していますが別に安いわけではありません。
…というのも他プロバイダでは端末代0円のところがほとんど。むしろ、ヨドバシのほうが1円高いです。笑

利用開始月は日割計算…だけど他社は無料

ヨドバシのWiMAXは利用開始月は日割計算となっています。
確かに月途中の契約で満額負担でないのはありがたいですが、他社プロバイダでは開始月は無料のところがほとんど。

…よくよく見ると細かい部分で他よりも高く実質負担はおトクになっていないのです。
下記で紹介しているようなネット上で手続きが完結するプロバイダがおトクなのは、家電量販店のような店舗を持たない=人件費がかからないというのもポイントかもしれません。

ヨドバシのWiMAXよりも安いおすすめプロバイダ

ヨドバシに限らず他の代理店プロバイダでもWiMAXの通信サービスは同じものが提供されています。
そのため◯◯◯だから速い、遅いといったことがありません。
どうせ同じ品質のサービスならば安い方が嬉しいですよね?
WiMAXとは別にスマホ代など毎月固定のネット代金があるなら、なおさら抑えられるとことは抑えていきたいです。

速度制限対策にWi-Fiオプションも欲しいという方はUQ WiMAX

UQ WiMAXはすべてのWiMAXサービスを提供する本家ともいえるサービス。

提供エリアに若干の違いはありますが、UQ WiMAXにも無料Wi-Fiオプションがついています。
しかも、ヨドバシのWi-Fiでも使う場合は追加料金が必要であるWi2 300のプレミアムエリアも無料で利用可能!
Wi2 300のWi-Fiエリアは街中のカフェなど多くの場所で提供されていますが、よくよく見るとこのベーシックエリアよりも追加料金が必要なオプションエリアのほうが多いのが現状。現状、追加料金ありきのWi-Fiスポットのため、ヨドバシのWi-Fiでは高く付くことも。

Wi2 300オプションエリアについてはこちらでもまとめています。
Wi2 300のオプションエリアを課金不要で利用する方法

UQ WiMAXのデメリットを挙げるとすれば、キャッシュバック還元が少ないのと端末代金が0円ではなく2,800円かかるということ。
ただし、UQ WiMAXはすべてのWiMAXサービスを提供する本家大元です。そのため、サポートの充実ぶりは随一。料金の割引がなくてもいいから、きちんとしたサポートで安心して使いたい方にオススメの会社といえます。
ヨドバシのように実店舗はありませんが、年中無休のフリーダイヤルがあります。スマホやパソコンと違ってWi-Fiルーターであればそのくらいのサポートでも十分すぎるくらいです。
UQ WiMAX
公式での申し込み・詳細はこちら

損のないキャッシュバック還元ならGMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX追加の月額料金不要で3万円近くキャッシュバックがあります。時期によって還元額は変動あり。
ヨドバシと違い別途指定プランへの加入義務といったこともないため純粋にキャッシュバック額全額そのまま手元に入ってきます。最新のWiMAX 2+ルーターSpeed Wi-Fi NEXT W04でも端末代0円。ヨドバシよりも1円安い…笑

また、GMOとくとくBBにも有料ですが公衆無線LANオプション(月額362円)があります。

ヨドバシのワイヤレスゲートWi-Fiとの違いとして、
Wi2 300 オプションエリアを追加料金で利用したとしても翌月に同額分ポイント還元されます。
このポイントは月額料金の支払いに利用できるため、Wi2 300 オプションエリアも実質0円に

ヨドバシのWi-Fiとではいくつか提供ポイントが異なっているので、完全に同じものとして比べることはできませんが提供数よりも実際の街中での使い勝手を考えると確実にこちらの方がオススメです。
また、セットではなくオプションのため不要だと思ったら公衆無線LANだけ解除可能。

GMOとくとくBBのデメリットを挙げるとすると、
キャッシュバックは即日ではなく約1年後所定の手続きが必要になってくる点とサポートセンターが平日のみの有料通話であること。
こういった通信サービスの利用が初めてではなくある程度慣れている方はこちらでも充分でしょう。

実際に私はGMOとくとくBBで契約しており、このサポートへ問い合わせたことがあるのですが、契約事項の疑問点について丁寧に回答していただくことができたのでサポート面に不満は感じておりません。
また、仮にもし2年以内に解約せざるを得なくなった場合でも1年以上利用していれば高額キャッシュバックはもらえます。負担は解約金のみでヨドバシのまとめてプランのような残債支払いはありません

たとえば、WiMAXを一年以上愛用していたところに海外転勤に…
しばらく使わないので解約しなきゃ。解約金。。。
そんなときでもキャッシュバックを充てて負担を軽減できるのがGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBB
公式での申し込み・詳細はこちら

まとめ

以上が、ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX 2+での5万円還元のカラクリと実はそんなに安くない契約内容についてです。
2年単位で長く使うものですから、契約前にどこが自分によってベストなのか考えてみてください。

また、下記は主要プロバイダの最新キャンペーン情報についてまとめていますのでこちらも参考にしていただければ幸いです。

今月のWiMAXキャンペーン情報
WiMAX 最新キャンペーン比較