【買って試した】W06とWX05ならどっちが良い?仕様比較&使い比べ

W06 WX05 オススメ比較

WiMAXを申し込もう!
となったときに一番悩む「機種選び」についてまとめました!
こちらでは家でも外でも使える持ち歩きタイプのWiMAXモバイルルーター(2019年モデル)について比較しています。

据え置き型ホームルーターの比較

【買って試した】L02とHOME 01ならどっちが良い?仕様比較&使い比べ

2019.02.15
  • Speed Wi-Fi NEXT W06(以降W06)
  • 2019年1月発売のHUAWEI製最新モデル。下り最大1.2Gbpsの超高速モデル。

  • Speed Wi-Fi NEXT WX05(以降WX05)
  • 2018年11月発売のNEC製国産ルーター。バッテリー持ち時間最長。

各製品の詳細レビューはこちら

【使用者が語る】Speed Wi-Fi NEXT W06 比較レビュー|最大1.2Gbps対応

2019.01.26

【使用者が語る】Speed Wi-Fi NEXT WX05 比較レビュー|バッテリー長持ち

2018.11.03

W06とWX05のキャンペーン情報へ

画像で見るW06とWX05の本体比較

  • W06 WX05 正面比較
左:WX05、右:W06

機種選びで見るべきポイント

WシリーズとWXシリーズ、それぞれ製造メーカーが違います。
iPhoneのApple、XPERIAのSonyみたいなイメージでいてもらえれば

Wシリーズを手がけるのがHUAWEI(最近はSIMフリースマホでも人気)
WXシリーズを手がけるのがNEC(国産メーカーという売り)

それぞれに独自機能など違いはいくつかありますが、
見るべきポイントはこの3つだけ!

  • 通信速度
  • 一番見るべき性能!機種による速度差関係なく月額料金は一律!

  • バッテリー持ち
  • 一日中使えるかどうか。出先での使用が多いときに重宝する!

  • キャンペーン内容
  • 同じ機種でもプロバイダによって天と地の差が…お得なキャンペーンを!

それ以外は決め手となるほどの大きな特徴はほとんどありません。
特に今回の両モデルは呼び方は違えど似た機能ばかり

【比較表】W06とWX05のスペックまとめ

こちらは超詳細版の仕様比較表です!
注目すべきポイントについては下記で具体的にまとめています。

W06&WX05 スペック詳細比較!(クリック/タップで表示)
左右スクロール対応
Speed Wi-Fi NEXT
シリーズ
W06 WX05
W06 WX05
画面サイズ 約2.4インチ 約2.4インチ
サイズ 約W128×H64×D11.9mm 約W111×H62×D13.3mm
重量 約125g 約128g
バッテリー容量 3,000mAh
※取り外し不可
3,200mAh
※取り外し可
通信
モード
ハイスピード
ハイスピード
プラスエリア
最大
通信速度
ハイスピード 下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
ハイスピード
プラスエリア
下り最大1,237Mbps
上り最大75Mbps
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
連続
通信時間
ハイスピード HiP 約7.1時間
NOR 約9時間
ECO 約11.6時間
HiP 約8.1時間
NOR 約11.5時間
ECO 約14時間
ハイスピード
プラスエリア
HiP 約5時間
NOR 約6.5時間
ECO 約10時間
HiP 約8.0時間
NOR 約10.5時間
ECO 約13.3時間
連続待受 休止状態 約800時間 約700時間
ウェイティング 約38時間 約50時間
Wi-Fi規格 802.11ac/n/a 5GHz
802.11n/g/b 2.4GHz
802.11ac/n/a 5GHz
802.11n/g/b 2.4GHz
最大同時
接続台数
Wi-Fi通信 16台 10台
Bluetooth通信 × 3台
USB 1台 1台
カラー展開 ブラック×ブルー
ホワイト×シルバー
ソニックレッド
ピュアホワイト
付属品 ACアダプター × ×
USB関連
USB TypeC変換コネクタ

USB2.0 TypeC-A変換ケーブル
製造メーカー HUAWEI NEC
発売時期(UQ) 2019年1月25日 2018年11月8日

6月版 ひとめで分かる、W06/WX05 キャンペーン早見表

W06とWX05の最新キャンペーンを主要プロバイダを縦断で並べました。
こうすることで本当におトクなプロバイダが一目瞭然!
WiMAX主要各社のキャンペーンを一切のステマなしで条件を揃えて比べました。
一時的な安さに惑わされず、利用総額と実質月額から本当に安いプロバイダを選びましょう!

ギガ放題
実質月額
4,292円〜
利用総額
158,808円〜
キャンペーン
〜8,000円CB
受取月
3,696円
1〜2ヶ月
3,696円
3〜24ヶ月
4,380円
25〜36ヶ月
4,380円
初期費用
3,000円
本体代金
3,800円
GMO×CB
約3,425円 126,719円 32,050円CB 3,609円 3,609円 4,263円 4,263円 3,000円 0円
GMO×割引
約3,455円 127,830円 月額割引
2,170円 2,170円 3,480円 3,480円 3,000円 0円
Broad×割引
約3,631円 134,352円 月額割引
+解約金負担
2,726円 2,726円 3,411円 4,011円 3,000円 0円
@nifty×CB
約3,655円 135,241円 23,000円CB 0円 3,670円 4,350円 4,350円 3,000円 1円
BIGLOBE×CB
約3,684円 136,310円 23,000円CB 0円 3,695円 4,380円 4,380円 3,000円 0円
So-net×割引
約4,018円 148,656円 1年間月額割引
0円 3,380円
1〜12ヶ月
4,379円
13ヶ月〜
4,379円 3,000円 0円
カシモ×割引
約3,704円 137,048円 月額割引
1,380円 1,380円
1ヶ月目
3,580円
2〜24ヶ月
4,079円 3,000円 0円
2019年6月10日更新
一番オススメなのはGMO×キャッシュバック

比較表のとおり、GMO WiMAXを選んでおけば間違いなし!
プロバイダ毎にさまざまな施策を行っていますが、利用総額や実質月額で比べてみるとGMOが一番安くなります。
『最安水準』や『還元総額』といった表記に惑わされず賢い選択を!

GMOに限ったことではないのですがキャッシュバックは約1年後。
手続きを忘れるともらえないので今のうちにカレンダー登録を!

通信速度

W06 速度測定

通信速度
比べ
W06 WX05
W06 WX05
HS 下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
HS+A 下り最大1,237Mbps
上り最大75Mbps
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
ハイスピード(HS)
WiMAX 2+通信のみ。
月間データ制限なし!
ハイスピードプラスエリア(HS+A)
WiMAX 2+通信とau 4G LTE通信。
月間7GB制限あり!

現行WiMAXで最大通信速度は下り最大558Mbps/上り最大30Mbps
こちらに対応しているのはW06
WX05は下り最大440Mbps止まりです。

W06の宣伝文句は下り最大1,237Mbps
ですが…

  • ハイスピードプラスエリアモード利用時
  • ハイパフォーマンスモードおよび4×4MIMO設定オン
  • USB Type-Cケーブルで有線接続
  • 現在、東京と埼玉の一部エリアのみ(順次拡大予定)
これら条件が全て揃って初めて対応する理論上の速度。過度な期待は禁物です…
ちなみにWi-Fi接続だと下り最大867Mbpsまでとなります。

たまには超高速通信を試そうかなと思ってますが、
基本的にハイスピードモード利用がメインになるかなと。

というのもLTEオプション利用時、月間7GBまでの上限が発生します。
(WiMAX 2+では月間データ量に上限はありません。)

さらにやっかいなのが、
LTEオプションで上限に達してしまうと、LTEだけでなくWiMAX 2+通信すら月末まで制限がかかってしまうのです…
なぜそんなガッカリ仕様に。。。LTEのご利用は計画的にw

わたしの場合、高層階や地下などWiMAXの電波が弱い場所でだけ補助的にLTEオプションを使っています!

通信速度を計り比べてみた

通信速度はW06が圧勝!

W06 スピードテスト結果

W06 速度測定

WX05 スピードテスト結果

WX05 速度測定

同じ場所、時間で使い比べてみるとW06の方が安定して高速ぶりでした。

バッテリー持ち

WX05 おまかせ一括設定
通信時間
比べ
W06 WX05
W06 WX05
HS HiP 約7.1時間
NOR 約9時間
ECO 約11.6時間
HiP 約8.1時間
NOR 約11.5時間
ECO 約14時間
HS+A HiP 約5時間
NOR 約6.5時間
ECO 約10時間
HiP 約8時間
NOR 約10.5時間
ECO 約13時間

WiMAXではパフォーマンス設定項目の通信速度を調整することで、電池持ちを延命させることができるようになっています。

実際にWX05を使ってみて思うのが、バッテリーの最後の粘りがすごいw
残り5%通知が出ても十数分使えるので焦る必要がありません。

バッテリー持ちはWX05に軍配!
WX05はバッテリー持ちに加え、バッテリー残量%表示や残り使用時間目安表示といった使い勝手に特化した機能も。
ちなみに、WX05の電波性能向上機能であるWiMAXハイパワーをオンにしていると、
バッテリー消費も増えるので必要のないときはオフにしておきましょう。

パフォーマンス設定次第で速くも遅くもなる

WiMAXにはパフォーマンス設定という項目があり、
この設定内容に応じて通信速度やバッテリーの減りが大きく変わります。

  • ハイパフォーマンス(HiP)
  • 最大558Mbps/440Mbps。通信速度>>>電池持ち

  • ノーマル(NOR)
  • 最大220Mbps。通信速度≒電池持ち

  • バッテリーセーブ/エコ(BAT/ECO)
  • 最大110Mbps。電池持ち>>>通信速度

いつもより速度が遅いな、バッテリーの減りが早いなと感じたらパフォーマンス設定のご確認を!

次期モデル、W07やWX06はいつ出る?

Wシリーズ、WXシリーズともに年一ペースで最新機種が発表されています。
過去の販売ペース的に見れば下記スケジュールが濃厚かなと

W06は2019年1月発売⇒W07は2020年1月…?だいぶ先!
WX05は2018年11月発売⇒WX06は2019年11月…?まだまだ先!
通信速度重視ならW06、バッテリー重視ならWX05

…で、まさに今が買い!!

W06を使ってみて

Speed Wi-Fi NEXT W06 スタンバイ画面
W06もさっそく購入して使い始めました!
WX05とは違ってマットな感じのブラックは落ち着いた感じがして、これはこれでかっこいい…!

まだ使って間もないのですが、タッチ操作周りがヌルヌル動いたりとスペックからはわからない使い勝手向上が見受けられます!

【使用者が語る】Speed Wi-Fi NEXT W06 比較レビュー|最大1.2Gbps対応

2019.01.26

WX05を使ってみて

Speed Wi-Fi NEXT WX05
実物を見るとツヤ感のあるソニックレッドが思いの外かっこいい…
アメコミのアイアンマンのスーツを彷彿とさせるツヤ感に惚れましたw

使用感…とにかくバッテリーの持ちが良いです!
ECOモードだと12時間以上使えたこともあるくらい!
また、W06にはないバッテリー残量%表示など細かな使い勝手が嬉しい国産ルーター。

【使用者が語る】Speed Wi-Fi NEXT WX05 比較レビュー|バッテリー長持ち

2018.11.03
今月のWiMAXキャンペーン情報
WiMAX 最新キャンペーン比較