格安SIM

LINEモバイル発表会 分かったことまとめ

更新日:

とうとうLINEが格安SIM(MVNO事業)に参入を発表されました。
とりあえず発表会速報を…随時更新します

本日9月5日14:00より先行販売開始、本販売は10月1日を予定

SoftBank回線 START!

2018年7月2日より、ソフトバンク回線の提供も開始!
これまでのドコモ回線にくわえソフトバンク回線を選べるようになりました!

⇒LINEモバイル公式

また、今回の発表ではLINEモバイル 1.0と銘打っており今後も新サービスが追加されるとのこと
LINEミュージックなどが今後対応予定

2種類の料金プランを提供

  • LINEフリー
  • ライトユーザー向け
    1GB 500円
    LINEでのやり取りでデータ消費無し

  • コミュニケーションフリー
  • ヘビーユーザー向け
    3GB 1110円〜(SMS付)
    LINEに加え、Twitter、Facebookもデータ消費無し
    ※ただし、外部への接続は別途通信費がかかってくるので注意

通話SIMは他社同様にデータSIM+700円
基本料初月無料、データ追加、データくりこし、転送、留守電など主要サービスも提供

LINEモバイル独自サービス

  • LINEの年齢認証/ID検索可能
  • 18歳以上、全プラン
    その他、格安SIMではできないところもLINEならでは

  • データ通信SIMでもLINEアカウント作成可能に
  • Facebook,SMS認証を必要とせず作成可能なためSMS機能無くても

  • LINEポイントと連携
  • 月額基本利用料金1%をLINEポイントに還元

  • データプレゼント
  • 自身のデータ量を誰にでも送れる(500MB〜)
    mineoでも提供されているサービス

  • フィルタリング無料

端末セット

全8機種19バリエーションあり、端末にはAPN設定済!
Zenfone GoやHUAWEI P9 liteといったスマホやコスパの良さで人気のHUAWEIタブレットも

気になるMVNEは?

格安SIMの通信速度はMVNEで決まるといってもいいほど重要な部分
比較的安定していると評判のNTT CommunicationsをMVNEとして利用
他には「OCN モバイル ONE」「ぷららモバイルLTE」「NifMo」でも利用されています

カウントフリーについて

カウントフリー対象は機械的、自動的に識別
データ消費無しの判定として、トーク内容等個人情報部分が気になっていたのですが、データ内容(テキスト・動画・画像等)を含まない部分での判断になるとのこと

-格安SIM
-

Copyright© NO NET, NO LIFE. , 2018 All Rights Reserved.