UQ WiMAXと他の代理店(プロバイダー)の違いについて

WiMAXはUQコミュニケーションズが提供している通信サービスです。
UQコミュニケーションズが提供しているものがいわゆる本家のUQ WiMAX。
これ以外にいくつもの代理店でWiMAXサービスが提供されております。
ヨドバシなど大きめな家電量販店でも見かけますよね!
そして、代理店毎に月々の料金やサービスが異なっているのが現状。

こちらでは、何が違うのか、その中で重視すべきポイントについてまとめています。

主なWiMAX提供会社は下記で紹介されています。
http://www.uqwimax.jp/mvno.html

使っている通信回線は同じもの

共通するのは、どの会社でも同じWiMAX回線を使っていることです。
そのため、契約会社によって繋がる場所や速度が異なるという心配はありません。

料金や提供オプションが各社によって異なる

代理店の方が、契約時のキャッシュバック特典が高い傾向にあります。
というのも代理店はWiMAXの契約を取ることでインセンティブをもらっているため、その一部を契約者にキャッシュバックとして還元しています。
また、実店舗を持たないことでその分の人件費がかからなかったり、通信回線を自社で設備投資するといったコストもかからないというのも理由として考えられます。
逆に独自オプションの提供があるところだと、便利な半面、その分月額料金も高くなってしまうこともあるので注意が必要です!

実は家電量販店で見かけるタブレットと一緒で◯万円割引というのは、その場では安くても月額料金にタブレット代も上乗せされてい維持費を考えると別々に契約した方が良いことも…

auとのセット割があるのはUQがKDDIグループだから

auユーザーはauスマートバリューmineというWiMAXとauケータイのセット割があります。
WiMAX通信を提供しているUQコミュニケーションズはKDDIグループだからこういったことができています。
ドコモやソフトバンクでは無理でauだけというのはこういう理由です。

auスマートバリューmineについては下記で案内されています。
http://www.au.kddi.com/mobile/charge/usage-fee-discount/smartvalue/mine/

※代理店でのWiMAX契約の場合、auスマートバリューmineに対応していないところもあるので契約の際は必ず確認を!
ちなみに下記3つの会社はauスマートバリューmineにも対応しています!

選ぶ際のポイントは実質月額料金とその他オプションやサポート面!

スマホも持っているしこれ以上の通信費はとにかく安く抑えたいという場合は、キャッシュバックが一番多く実質の月額料金が安くなるGMOとくとくBBをオススメします。
2016年4月現在では、最大33,000円のキャッシュバックを実施しており大幅に負担額を抑えることができます。

ネット系の契約は複雑でよくわからないから、もしもの時のサポートが充実しているところが良いならば、本家のUQ WiMAXでしょう。
代理店だと、契約関連の問い合わせはできてもサービスエリアの提供状況など借りている部分については答えられない部分もあります。
その点、UQ WiMAXはWiMAXを提供している大元なのでそういった点での問い合わせも安心です。

外で使うとなるとセキュリティも心配だし、そういったサービスも一緒に安く提供している会社で安心感をということであればSo-net モバイル WiMAX 2+がいいでしょう。So-net自体が昔から固定回線などのインターネットサービスプロバイダーとしての運営実績もあるのでオプションが充実しています。また、GMOとくとくBBほどではありませんがキャッシュバック特典もあり!

今月のWiMAXキャンペーン情報
WiMAX 最新キャンペーン比較